読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ryo’s diary

日常でのいろんな事をちまちまと。

脊柱側弯症

日記

母親が「脊柱側弯症」という病気になってる事がわかりました

2年ぐらい前から歩き難くなっていて、だんだんと歩けなくなっていました

元々腰部狭窄症なのでそれが原因かもしれない

手術したら歩けるようになるらしいと聞きつけて、総合病院で検査を受けて手術を受ける気になっていました

狭窄症での手術は内視鏡で骨を少し削り取るという手術らしかった

入院も短くてすむようだった

だけど、検査してみて違う病気が発覚したのです

「脊柱側弯症」です

S字のように背骨が歪む病気です

レントゲンの写真を見せてもらったけど、みごとに歪んでいました

歪んで右に傾いていて、首の位置が右にズレてしまっていました

歩き難くなってきてるのは、これが原因かもしれない

調べてみると、いろんな症状が出るみたい

検査してもらった病院では手術したら改善すると言われ、他に方法はないのかも聞いてみたけど、無いと断言されました

手術は背中を開いて背骨にボルトをつけて背骨を固定するようです

かなりの範囲を言われたので、開くのも広範囲・・・・

そして手術も含めて3ヵ月はコルセットを付けられて入院・・・・

母親は糖尿病があるので傷の治りが普通より遅いのです

術後の回復は普通のものよりは時間かかるだろうし、入院の期間ももっとかかるだろうと思った

それに、この手術をしなければ命に関わるのならしなきゃですが、そうではない

母親はショックを受けていたけど、手術をしたら歩けるようになるならっと思ってたよう

私は、まずセカンドオピニオンを勧めた

他の病院で違う医師に診てもらって診断を聞いてみるのはどうかと・・・・

それに対して乗り気になれない母親でした

そしてもうひとつは接骨院へ行って矯正を試みてもらう事

母親は、とにかくすぐに答えや結果が欲しい性格です

せっかちで、途中をはしょりたがる・・・・

今回も、痛いから動かない、歩けないから出歩かない、家でじっと椅子に座ってずかり  の状態でした

歩き難くなってきたと言ってたので1年前ぐらいに私が行ってる接骨院へ連れて行ったりいたのです

私と行くのは土曜ぐらいしか行けないから、平日は父親に連れてきてもらうなりして通うように言ったけど

私と行く時しか行かない・・・・(T^T)

平日、父親に頼むのが気が引けていたと言う・・・・

結局、行かなくなってしまっていた

1年前からずっとそこそこ接骨院に通っていたら、こんな事態になってなかったかもしれない(^^;;

それで、手術したらよくなって歩けるようになったと人の話しを聞いて、自分もそうなるかもしれないっと思ったよう

それで、接骨院に通って改善しようともしないで(途中、はしょって)、手術に飛びついたわけです

手術してもらおうと決心するのも本人はかなり勇気が必要だったようですがね

手術するのは家族みんなが反対し、接骨院に通って改善を試みるよう説得し、その気になってくれました

次の土曜に私が行ってる接骨院へ一緒に行って、お願いする予定です

保険適用外で効果がある施術があれば、頼みたいとも母親は言いだしています

お金に変えられないからっとも言いだして、すっかりその気になってきてくれました

これでマメに通ってくれたらいいけどね(^^;;

<